2022年5月31日

grasys、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格
「ISO/IEC 27001:2013」を取得

クラウドインフラやデータ分析基盤を設計・構築・運用する株式会社grasys(東京都渋谷区、代表取締役:長谷川祐介、以下grasys)は、情報セキュリティマネジメントシステム(Information Security Management System、以下ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013」の認証を2022年4月22日付で取得いたしました。
◼️ISMSについて
ISMSは、情報セキュリティの個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用するものです。
※ISMS-AC Webサイト(https://isms.jp/index.html)より引用

◼️ISO/IEC 27001:2013について
ISMSに関する国際規格であり、情報の機密性・完全性・可用性の3つをバランスよくマネジメントし、情報を有効活用するための組織の枠組みを示しています。
※ISMS-AC Webサイト(https://isms.jp/index.html)より引用

◼️ISMS認証登録概要
登録組織 株式会社grasys
登録範囲 Cloud Infrastructure Division における Google Cloud, Amazon Web Service,
Microsoft Azureに関するインフラ設計・構築・運用業務、インフラコンサルティング業務
認証登録日 2022年4月22日
適用規格 ISO/IEC 27001:2013
審査機関 EY CertifyPoint
登録番号 2022-010

About us

社名:株式会社 grasys (グラシス)
設立:2014年11月13日
従業員数:40名
所在地:〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス4F

パートナー企業(一部)

Looker
fastly_logo_1080-800
tenable_logo.png
grasys は常に最新の技術を取り入れ、攻める心を持ち続ける「技術者集団」です。お客様の大切なインフラをお預かりして安定運用し続けることを目的とした事業をしています。