「 grasys =長谷川祐介」
のイメージを覆す
ベテランエンジニアが目指す、最強のチームづくり

grasys では若手エンジニアとベテランエンジニアが共に学びながら働いています。
今回のインタビューでは、ベテランエンジニアがなぜ grasys を選び、転職してどう感じたのか、話を聞いてみました。

staff_i_hero
名前:泉水朝匡
職種:Cloud Infrastructure Division Ops Team Group Leader
出身:沖縄県

大学卒業後、資格取得を目指し司法書士事務所で働き出すものの、システムが書類を次から次へと作成しているのを見てシステムを作る側に回ることに関心を抱き、IT業界へキャリア転換。退職後に grasys CEOの長谷川から誘いを受け、沖縄から上京し、grasys へ入社。現在はOps TeamのGroup Leaderを務める。

“ GCP といえば grasys 技術的に尖った長谷川さんと働きたかった”

■grasys に入社を決めた理由を教えてください

長谷川さん(grasys CEO)に誘われたからです。私は前職ではプログラマだったのですが、会社が GCP を扱っていたので、 grasys が GCP を使って大規模なサービスの裏側を担っていることは以前から知っていました。

長谷川さんが登壇した GCPUG 沖縄も入社前から拝見していて、「 GCP の技術をもっと追求していきたい」と思っていたので、声をかけられたときは嬉しかったですね。即断即決で入社を決めました。技術的に尖っていて、活躍されている長谷川さんの会社に入れば、自分も成長できると思ったんです。

■初めてのインフラで、最初はわからないことも多かったのでは?

そうですね。開発環境の構築しかしていなかったので、インフラ周りのことはほぼわからなかったです。 Linux やミドルウェアの
知識は grasys に入ってから身に付けましたし、通常では管理できないような台数のサーバを管理するのも初めての経験でした。

■どうやって足りないスキルを身につけてきたのですか?

私の場合は、イベントや本から情報を収集することが多いですね。たとえば、気になるエンジニアやイベントのSNSアカウントを
フォローしたり、イベントのハッシュタグを追っていたり。あと、気になる技術本はとりあえず購入します。
業務で必要になったときに、すぐ調べられるので。

それと、知識をインプットするだけでなく、実際に自分で手を動かして技術を試すことも大事だと思っていて、個人でも GCP ア
カウントを契約して、サーバを立てて遊んだりしています。Kubernetes などコンテナの技術を扱うことが増えてきたので、 Kuber
netes のCI、CDに特化した Jenkins X が気になっているので近々試してみようと思っています。

“ラフに質問できる環境を 「聞きづらい」雰囲気には絶対しない”

■転職して大きく変わったことは?

Google とのやり取りが増えたことですね。 grasys は GCP のサービスパートナーなので、使ったことがないサービスのことなど、わからないことがあれば Google に質問できるんです。 Google のアドバイスを受けながら業務に取り組める点は、 grasys に転職してから大きく変わった点です。

もう一つは、チームリーダーを任されたこと。前職でも2、3人の開発チームのリーダーを務めたことはありますが、開発とイン
フラでは必要なスキルも、プロジェクトの進め方も全く違うと思っています。開発は一つのプロジェクトに集中すれば良いので
すが、インフラでは色々な案件を同時に見る必要があるので、マネジメントのやり方もこれまで通りにはいきません。
staff_i_01

■そんな中、チームづくりやマネジメントで心がけていることはありますか?

メンバーのモチベーションを上げるために、技術ネタや勉強会、イベントの情報を共有するようにしています。 grasys には技術に
対して好奇心旺盛なメンバーが多いので、情報を共有するだけでもチームの雰囲気が変わるんですよ。

もう一つは、困ったことをラフに聞けるような環境づくり。わからないことをチームのチャットに投稿したら誰かが答えるよう
な雰囲気は意識的につくるようにしています。特に中途社員が増えてくると、縦横のつながりがなく、「わからないことを聞きづ
らい」というケースも出てくると思うので。聞きやすい環境づくりはチーム運営において大切にしています。

“ grasys には向上心の高いエンジニアしかいない”

■泉水さんから見て、 grasys ってどんな会社ですか?

向上心が高い人たちの集まりだと思っています。ベンチャーに入社する人って、基本的に「技術に興味がある」とか、「ステップ
アップしてやろう」とか、そういう人たちしかいないと思っていて。 grasys には、私も含めてそういうエンジニアしかいません。
staff_i_02-img

■最後に、今後の目標について教えてください

三つあって、一つ目は外部のイベントに登壇できるエンジニアを増やすこと。私が入社した頃は、イベントで登壇するのは大体長
谷川さんだったので、「 grasys =長谷川さん」のイメージが強かった。でも、これからは grasys には長谷川さん以外にも、優秀
なエンジニアがいることをもっと外にアピールしていきたい。私自身が発信力をつけることはもちろん、登壇できるエンジニアを
増やすことも私のミッションだと思っています。

二つ目は、一つのチームで開発とインフラのどちらも担当できるようにすること。同じチーム内に開発機能を持つことで、ゲーム
以外の業界にも取引を広げていけたら、事業はもっとスケールするはず。私自身、開発出身なので、インフラ、開発のどちらも担
えるエンジニア集団でありたいと思っています。

最後は個人的な目標になるのですが、将来的に地元沖縄でリモートワークがしたい。特に新型コロナウイルス感染拡大の状況下
で、リモートワークをやってみたら意外とできてしまうことがわかったので、「働く場所に囚われる必要はないのでは」と思って
います。会社としても実験的にリモートワークを導入しているので、「沖縄でのリモートワークが実現する日も遠くない」と期待
しています。

当社では意欲のあるエンジニアを募集しています