Image


November 27, 2019

grasysとPartnerで実現する
進化した「Multi-Cloud」とは



お申し込みはこちら
seminar2 seminar1

About this seminar.

パブリッククラウドを利用する企業の割合は年々、増加傾向にあります。
さらに近年では異なるパブリッククラウドのそれぞれの特徴を生かし、それらを組み合せて、自分たちに最適なクラウドサービスを実現するMulti-Cloudを指向する企業が増えています。
一方でパブリッククラウドに何らかの障害が発生した場合、お客様のサービスが停止してしまうリスクもあります。
そこでgrasysでは該当のサービスのパブリッククラウドを切り替え、サービスが停止することなく利用できる環境、「Cross-Cloud」を目指しています。

今回のセミナーではその「Cross-Cloud」を実現させるための"鍵"となるgrasysのPartner企業をお招きし、「Cross-Cloud」の可能性やクラウドの未来についてお話をさせていただきます。
・今後、クラウドはどう変わっていくのか
・「Cross-Cloud」のメリット
・ネットワークの統合管理は?セキュリティは?

などお考えの方はぜひご参加ください。

世界でも多くの企業に利用されるサービスを提供するPartner企業が集まる、またとない機会です。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

Speakers & Seminar contents

セミナー登壇者 & 内容のご紹介!

Avatar
Seminar 1


Yusuke Hasegawa

株式会社grasys
代表取締役社長


ITベンチャー企業、大手ポータル企業、大手ゲーム企業などを経て株式会社gloopsの前身GMSに入社。インフラエンジニアとして、インフラの基礎を構築。
開発部長を経て本部長、インフラのアーキテクトを経て退職。 2014年11月 株式会社grasysを設立。2018年夏に Google Cloud プレミアサービスパートナーとなる。OSSのServiceStackやCloud Architectureの Google Developer Expert として活動し、2018年末卒業。
現在は会社経営に注力すべき立場だが、ちょくちょくエンジニアに逃げることで心の健康を保っている。

Multi-Cloudから
Cross-Cloudへ

少人数で効率的に大規模インフラを支えるgrasysの事業や基となるアーキテクチャをご紹介します。
またgrasysのPartnerで、かつ今やgrasysにはなくてはならないHashiCorp StackやElastic Stack、Fastlyの活用事例もご紹介させていただき、その上でgrasysが考えるクラウドの未来や「Cross-Cloud」についてもお話しさせていただきます。

Avatar
Seminar 2

Rumi Oku

HashiCorp Japan株式会社
Sales Director - Japan Region


国内SIや外資ストレージベンダーを経て、2013年にGoogleに入社。GCPの日本立ち上げを経験し、2018年12月からHashiCorpへ。同社にて日本のエンタープライズ事業の拡大を目指し、国内の営業とチャネルアライアンスを担当している。
好きなHashiCorpプロダクトはVaultとConsul、好きなGCPプロダクトはGAE・BQ ・LB、スケーラブル、ダイナミック、ステートレスという言葉に弱い。

Terraform と Vault でセキュアに
インフラのセルフサービスパイプラインを構築する

組織にてインフラのプロビジョニングする担当はどなたですか?SRE、インフラチーム、ネットワークチーム?せっかくクラウド化してAgliityを手に入れたと思ったのに、プロビジョニングのワークフローのせいで、結局数日待たなくてはいけないとしたら、それはとても残念。
このセッションではいかにガバナンス(統制)を効かせながら、セキュアにCI/CDを回すコツ、セルフサービスインフラストラクチャについてお話します。

Avatar
Seminar 3

Toshiyuki Aizawa

ファストリー株式会社
セールスエンジニア


SIer での Web アプリケーション開発を経て、2001 年より CDN に携わる。
複数の CDN ベンダーにおいて顧客支援と開発・運用、ユーザー企業にて CDN 運用を担当した後、2015 年より次世代型 CDN の Fastly にてアジアパシフィック地域担当セールスエンジニア。

Fastly Edge Cloud で実現する
Cross-Cloud コンピューティング

高機能・ハイパフォーマンスな CDN である Fastly Edge Cloud は、DevOps やマイクロサービスとも高い親和性があり、オンプレミスはもちろん、複数のクラウドが混在する環境でもその強みを活かすことができます。
本セッションでは、Cross-Cloud を実現するための Fastly の特長をお伝えします。

Avatar
Seminar 4

Masato Suzuki

Elasticsearch株式会社
Territory Manager


Elasticの日本法人でElastic Cloudを中心に営業活動を行っている。
Elastic入社前はRedhat、Dellなどに在籍。
趣味はカメラ、映像作成など。4女の父でもある。

GCPで始めるElastic Stack

Elasticの名前は知って入るけど、触ったことが無い方やユースケースについて知りたい方向けに事例を交えながらElasticsearchの魅力をお伝えします。

Avatar
Seminar 5

Hiroyuki Urasoko

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
パートナーエンジニア


業務系 Web アプリ開発からクラウド業界に転身。様々なクラウドプラットフォームに関わった後 Google Cloud に入社。
1 年間の顧客担当エンジニア(CE)を経て、現在はパートナー担当エンジニア(PE)。
趣味はスノーボード、ランニング、筋トレ。30 km 走って Google Cloud に出勤した経験あり。

Google Cloud 最新情報とデジタルトランスフォーメーションの実現

仮想サーバや IaaS に代わる新たなプラットフォームとしてコンテナを採用する企業が増えてきました。また、複数のクラウドやオンプレミス資産を適材適所で使い分ける手法も一般的となりつつあります。
自らも大規模なコンテナ環境を運用してきた Google がそのノウハウを結集させたハイブリッドコンテナプラットフォームである Anthos を発表しました。Kubernetes や Istio といった技術要素を交えながら、Anthos によって企業のプラットフォームはどう変わっていくのか、デジタルトランスフォーメーションを実現するためのアプローチと技術について、わかりやすく解説致します。

Image
After seminar

Networking

ネットワーキング
軽食とお飲み物をご用意しております。

Seminar
Time
Presenter

Information

会場案内

六本木ヒルズ森ビルオフィスタワー
Google 東京オフィス

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

参加費無料

All seminar, talk and event, all day.

お申し込みはこちら
free
※ 定員は120名です。お申し込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。          
※ 同業他社の方、および個人の方のご参加はご遠慮させていただく場合がございます。   
※セミナー当日、弊社からお送りする受講票のご提示をお願いしております。        
確認できなかった場合にはご入場をお断りする場合がございます。          

About
grasys Inc.

GCP の性能を最大限に活かし
お客様が開発に専念できる環境を構築します

私たちはお客様の大切なインフラをお預かりし安定運用し続けることを目的とした事業をしています。
インフラなので「守る」ことは当然だと考えていますが、高負荷・不安定・高コストといった問題にも関わらず維持し続けるシステム管理は正しいあり方ではないと考えています。
私たちは、Google Cloud Platform のスペシャリストとして、お客様のビジネスの基盤を支え、課題の解決をコミットします。
いわゆる一般的MSP事業者の枠を超えて課題発見と改善をご提案します。

grasys HP
grasys blog
Image
Icon For Arrow-up