クラウド運用を自動化・最適化
するプラットフォーム

既存ワークフローに沿ってマルチクラウドや
ハイブリッド環境を管理
サービス詳細を知りたい方はこちら
hashicorp_fv
HashiCorp_Full_Stack_OnWhite_RGB

HashiCorp 導入プランで提供しているソリューション

Terraform_logo

Infrastructure as Code を使用した
あらゆるクラウドやインフラでの
プロビジョニングの最適化

Terraform は、IaC(Infrastructure as Code) を活用して、プロビジョニングを最適化します
パブリッククラウド、データセンターなどあらゆるインフラのプロビジョニングに対応可能です

■ユーザーメリット

  • Infrastructure as Code によってインフラのプロビジョニングと管理を行うことが可能

  • インフラをコード化した上で検証して本番環境にデプロイするので、人的ミスやビルドの失敗が減り、生産性が向上
Terraform_architecture

Terraform use cases

Terraform_use_cases1

Infrastructure
as Code

IaCを使用してプロビジョニングすることで、
人的ミスを回避しつつ効率向上
Terraform_use_cases2

Multi-Cloud Compliance
and Management

一つのワークフローでプライベートクラウド、パブリッククラウド、外部サービスなどを管理
Terraform_use_cases3

Self-Service
Infrastructure

ンフラのテンプレートを使用して
オンデマンドでプロビジョニング

Vault_logo

パブリッククラウドやプライベートクラウドでも
Zero-Trust Network上で安全なシークレット管理

Vault は、UI 、CLI 、または HTTP API を使ってトークン、パスワード、証明書、暗号化キーなどの機密情報を保護・保存し、機密情報へのアクセスを厳密に制御します

■ユーザーメリット

  • 一つのシステムでオンプレミスでもクラウドでもシークレットをセキュアに一元管理・保存
  • シークレット管理の手間を削減し、同じシークレットを長期間利用し続けることのリスクを回避
Vault_architecture

Vault use cases

Vault_icon1

Secrets Management

トークン、パスワード、証明書、暗号化キーなどの
機密情報を一元管理、生成、保存、提供
Vault_icon3

Data Protection

データ暗号化のためのシンプルなAPIと暗号化キーの一元管理で、
アプリケーションのデータをセキュアに保つ

Nomad_logo

コンテナに限らない様々なアプリのシンプルで柔軟な
オーケストレーションを実現

Nomad はあらゆるアプリケーションに使えるシンプルで柔軟なワークロード用オーケストレータです
企業は Nomad を活用して、数百万ものワークロードをプライベートクラウドとパブリッククラウドの複数のリージョンで容易にデプロイ、スケーリング、管理できます

■主な機能とベネフィット

  • プロビジョニングを最適化する Terraform 、シークレットを管理する Vault 、サービスディスカバリとサービスメッシュを実現する Consul との統合機能が最初から備わっており、統一されたインフラプラットフォームを実現可能
Nomad_architecture

Nomad と Kubernetes どちらがいいのか?

HashiCorp の製品の全てのコマンドやツールは、ある特定の目的のためにデザインされています。
Nomad は Consul 及び Vault をシームレスに結合することができ、Kubernetes が標準で備えているサービスディスカバリとシークレット管理の機能を追加することが可能です。

Nomad_logo_vertical
コンテナに加え、他の実行基盤アプリケーションに対して下記の機能を提供します

・クラスタ管理
・スケジューリング



既存のアプリケーションはそのまま存続させ、

クラスタの管理下に置いてスケジューリング

することを念頭に置くケースは

Nomad がオススメ!

kubernetes_vertical
コンテナ実行基盤に対して下記の機能を提供します

・クラスタ管理
・スケジューリング
・サービスディスカバリ
・モニタリング
・シークレット管理

多くのアプリケーションをコンテナ化により

マイクロサービス化させるケースは

Kubernetes がオススメ!

Consul_logo

共有レジストリを使用してあらゆるプラットフォームと
クラウドのサービスを接続して保護

Consul を使用すれば、サービス管理とネットワーク設定を自動化できます
一元的な共有レジストリにより、あらゆるクラウドやランタイムでサービスを検出、接続、保護できます

■主な機能とベネフィット

  • サービスディスカバリ機能を活用して、あらゆるアプリケーションを動的に見つけることができ、ネットワークの接続とルーティングを簡素化可能
  • ネットワークミドルウェアの自動化では、サービスを変更すると自動的にロードバランサーとファイアウォールに対して動的に再構成される
  • サービスメッシュによって、あらゆる環境でエンドツーエンドの一貫したセキュリティをサービスに適用可能
Consul_architecture1

◎Point

Consul でサービスを定義すると、他のクライアントから特定のサービスを検知し、それらの情報を DNS や HTTP 、 API 経由で把握できるようになります

サービスの監視(ヘルスチェック)やロードバランサー、プロキシ、 DNS としても利用でき能動的なシステムクラスタを構成する助けになることから、grasys で運用している VM の多くに導入しています

Consul に加え、 OSS のツールも多数使用した

grasys の監視アーキテクチャの一例

Consul_architecture2

HachiCorp を提唱する grasys エンジニアのメディア掲載はこちら

hc_media_visual1

煩雑化するセキュリティ対策におけるクレデンシャル管理、あふれる課題を Vault で解決!

grasys & HashiCorp

HashiCorp 製品を駆使し、少数でも大規模インフラを運用!

クラウド活用の最先端を追求する grasys の技術力はこちら

その他の提供サービス

インフラ関連でお悩みの方は、お気軽にご相談ください

grasys の事業・サービスに関する資料をご希望の方はこちら